SSブログ

喪失

職場の大事な方が他界された。早すぎる逝去。一番驚いているのはご本人だろう。「やりたいことを沢山やれた」と御主人に漏らしたらしいが、御主人は「満足することはなく、残念無念というのが本当の気持ちだったでしょう」とのこと。その通りと思う。自分の存在意識を維持するためには、空しいとか心残りとはといった言葉は使えななかったのでしょう。実に不憫でならない。さぞかし無念であったと思う。沢山の同僚・教え子に囲まれて旅立った。故人の思いは遺った者が引き継ぐ義務がある。どうかどうか安らかにお眠りください。なかなか心がコントロールできず、帰宅中に映画館に立ち寄る。三島由紀夫と全共闘の対話のドキュメントの映画。もともと観たかった映画、コロナで中断されていた。思い切って鑑賞。三島由紀夫の別像(今までの自分の印象とのギャップ)を知ることができたことは意義が大きい。当時のセクトの争い、政治情勢なども理解できた。しかしながら、彼も学生も弁が達つ。知性の塊のぶつかり合い。そこには右翼も左翼もない。人として人生をいかに生きていくか、どうあるべきかを議論する様子。そこにその瞬間にいることができたら、と鑑賞しながら何度も感じた。その時代は、まちがいなくあった時代。三島は結果自決した。全共闘運動も終結した。その当時の学生は「敗北でない、世の中に吸収されただけ」と語っていた。その当時の彼らには、間違いなくあったのは「情熱」。三島由紀夫の情熱も同様に熱く存在していた。現代の世の中、政治・経済・教育、、、、「情熱」をもって臨んでいる大人はいるだろうか。感じるのは、「喪失」。同僚の死を迎え、別の意味での「喪失」。しかし厭世的に抒情的になっている場合ではない。「喪失」は「誕生」の入口。新たなる「誕生」を目指して、今日も生きたい。合掌。。
nice!(0)  コメント(0) 

レガシーになる価値

我が家にも「〇〇マスク」と「給付金」が届いた。全くのタイムラグ。「今でしょう」という渇望の時があったと認識がなくなったころの突然の贈り物。数日前に天安門事件30周年というニュースが流れる。これから数年後、何もなかったように世間は動き、過去の出来事として歴史の教科書の片隅に登場するかもしれない新型コロナ関連出来事。「〇〇マスク」は果たして教科書に載るのだろうか。いわゆるレガシーになり得るのだろうか。メルカリに出しても誰も食いつかないし、寄付といっても時すでにう遅し。とりあえず自分で保管しておくしかない。出来えば、送られてきた時のままの姿での保存。レコードであれば、緑帯が価値のあるビートルズ。「3密」に関する注意事項のビラがあるか否かで、保存価値が上がるかもしれない。そんな不謹慎なことを考えながら日々を送る。数年後、数十年後、本当に価値があるのか否かは、そのものの価値で決まる。レガシーになりうるか否かは、そのもの次第。やはり「〇〇マスク」は古銭屋などの店頭には置かれないでしょう。せめて教科書には載って欲しい、「当時の政府・肝いりの総理大臣の愚策」として。。音楽や演劇を大事にしない政府は、これからも国民からは一生信頼されないでしょう。音楽の力を知らないPoliticianたち。本当に価値のある音楽やミュージシャンは、100年たっても廃れない、という事実を知らないまま人生を終わるのでしょう。ビートルズ万歳!!
nice!(0)  コメント(0)