SSブログ

緊急事態

3.11以来の緊急事態となった。予期・想定できないことへの対応力は、これから若者や生まれてくる人たちに身についていなければならない資質。だからこそ新しい学習指導要領で文科省が「課題解決能力」と位置づけたはず。それには実際のモデルが必要。そんなとき、大人がモデルを示すべき時が来た。今回の新型ウィルスへの対応である。モデルになるべき大人、しかも政治家が指針・行動し、世の子どもたちにモデルを示すべき。実際には、後手後手に回り、挙句の果てには、根拠や論拠のない「感情的決定内容」。大人がこれでは、子どもが信じてついてくるはずはなかろう。流石、大人、といわれるような大人がいない。本当に人の弱さや人の痛みをわかっているのだろうか。次々に決定していく「〇〇自粛・中止・延期」の施策や方針。そもそも誰のための政治なのだろうか。学校行事をどう捉えているのだろうか。3年間の集大成の卒業式をどう思っているのだろうか。来賓として呼ばれ「△△でございます。ご卒業おめでとうございます」と紹介・アピールする場が卒業式だとせいぜい思っているのではないだろうか。そんな人にとっては一瞬の時間つぶしの時間。生徒や児童にとっては、卒業式はかけがいのない時間。これまでの集大成の時間であることを、どうか覚えておいてほしい。顔だけでなく根性まで曲がっている君には、わかるまい。こんな心境をジョンなら、どう表現するのかな。憎しみやくやしさからは何も生まれない。前を向いてあるこう。一緒に生きよう。Grow old with me.と歌うのでしょうね。
nice!(0)  コメント(0)